ケアプロストでまつ毛を育毛

ケアプロストの有効成分ビマトプロストは元々緑内症に使用されていたものですが、まつ毛の成長を促す効果がある事から、まつ毛育毛剤にも使用されています。まつ毛が短いのがコンプレックスの人にはぜひ一度使ってみてもらいたいです。

ケアプロストはどのくらい使用すればいい?

ケアプロストとは、本来緑内障の治療を目的として使われている点眼薬です。この点眼薬を使用していた患者から、まつげが伸びた・増えたなどの副作用が報告されたことから臨床実験を行った結果、ケアプロストに含まれる成分ビマトプロストがまつげの育毛・増毛に効果的であることが証明され、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって正式に認可を受けました。ケアプロストは同じ成分・効果を持つラティースやルミガンのジェネリック医薬品として位置づけられており、個人輸入でこの2種よりも安く購入することができます。
まつげを育毛する効果は絶大であり、個人差はありますが大体1~2ヶ月程使用を継続することでまつげの長さや密度の違いがはっきりとわかるようになります。今までつけまつげやまつげエクステを使用していた方も、それらが必要なくなる程はっきりとしたまつげに変化してくるのでメイク時間なども短縮でき、自分のまつげなのでエクステのように洗顔やクレンジングの際に気を使う必要もありません。とはいえ、まつげも髪の毛と同じように生え変わるサイクルがあるので、使用を止めてしまうとその効果を維持するのは難しいでしょう。育毛したまつげをキープしたい場合は使い続けることをおすすめします。ある程度まつげの長さ・密度に満足した場合は、毎日ではなく1日置きに使用するだけでもその長さや密度をキープしていくことが可能です。目元の色素沈着や黒ずみが気になる方の場合も、1日置きにするなど頻度を減らすと良いでしょう。ケアプロストは正式に認可された安全性の高い医薬品ですが、本来は眼圧を下げる為の点眼薬です。ドライアイや目の充血、かゆみなどの副作用が出る場合もあるので、使用する際は目に入らないように注意しましょう。

↓アメリカで承認されたまつげ育毛剤
ルミガン通販の最安価を探すならこちら